大人漫画、奥深し

クリムゾンがエッチ漫画の中では最高峰と言っていいかな、と思うものの、欲求を満たしてくれる漫画家さんたちは結構おられます。

たとえば・・・

鱗のえっち漫画は、この人が漫画の原作者ということのようで、漫画のイラストを描く人は別におられるということで、作者のところに、鱗の名前が入っていても、登場人物の、えっちシチュエーションが描かれる、女の子の絵は、いろんなのがあるんです。

実際に描く人が異なるということで、そうなってくるんですけど、わたしにとってみれば、これは、願ったり叶ったりなんです。

不思議なもんなんですけども、絵を描いている人がちがうというのに、えっち漫画に出てくる女の子が、かなりわたしの好みの絵面の場合が多い。

要は、個人的に、ヒット率がむちゃくちゃ高いと言えます。

原作者である、鱗が、絵の感じを選んではるんかいなぁとか思うくらいです。

そう言えば、劇画タッチの漫画になっていることは、わたしの知っている限りでは、なかったんじゃないかなぁと思いますね。

鱗が選んでコラボレーションしている、イラストレーター?漫画家?がわたしのタイプの絵を描いている、というわけですよね。

気に入った絵があれば、その漫画家さんのファンになるもんですが、鱗のえっち漫画に感じでは、絵が変わって、いろんな絵になるにも関わらず、ほとんどハズレがない。

これって、えっち漫画ファンとしては、すごく、事欠かない状況を作り出している事になりますよね。

鱗(女性向け作品のときはuroco?)、えっち漫画業界をどんどん盛り上げていただきたい創作者ですね。

いろんなタイプのオトナ漫画が読めるのが「まんが王国」。おすすめです!

▼ まんが王国 公式ページ ▼