クリムゾンの絵が趣味♪

クリムゾンの絵が好きで、絵が好きってことは、ストーリー云々より、そこに描かれている女性が、気に入っているわけで、それがエッチ系の漫画である、ということで、わたしの感情にピピっと訴えかけてきているということですね。

誰も、わたし一個人の趣味などはしょうもないことですが、クリムゾンの絵って、シュッとしてて綺麗じゃないですかね。

漫画であるんですが、いわゆるアニメキャラという感じではなくて、実物をちょっとイラストチックにしたというか。それでいて、女性は皆かわいこちゃんなわけで。

まぁ、あんまりクリムゾンの絵は良い!クリムゾン好き!って書いてても、クリムゾンの人気がUPするのはいいとしても、この記事を目にする人にとっっちゃ、知らんわたしの趣味なんて、まさに知らんがな、ってなもんですわね。

ところで、数日前に、わたしがエッチ系の漫画や雑誌の話で、恥ずかしい思いした、ということを書いていました。

そう、もう10年以上前ですが、大勢の職場の仲間と飲みに行った帰り、当時わたしが住んでいいた寮の部屋に、10人足らずくらいの男女が、寄っていこう!という話になって、普段から比較的キレイに片付けているわわしなので、ええよ、ってなもんで寄ったわけです。

広さ8畳1部屋のわたしの住処に6人ほどが入って、真っ先に目に写ったものは、机の上に置かれていたのは、クリムゾンの漫画ではなかったものの、ヌード雑誌。

女性陣の視線が机に注がれているのを感じて、わたしも目をやるとソレがあったわけです。ふいに、

あぁ、それな、…。 うん、キレイな人やろう?

できるだけ余裕をカマして、男の部屋にエッチ漫画、エッチ雑誌は常識だ!と、部屋の空気を持っていこうとしたわけですが。成功していたんだろうか。