エッチ系の漫画とか雑誌とか見つけられてしまったとき…

エッチ系の漫画とか雑誌とかを、自分以外の人に、うっかり見つけられてしまったときってのは、いくら、男はみな助け平だ、という社会通念上の認識があると言えども、見つかったものの持ち主にしてみれば、少々分が悪いような感じになるもんです。

男の友達同士なら、ほとんど気にならんことかもしれませんけどね。

それでも、エッチ系といいますか、そういう趣味、嗜好などというものは、掘り下げれば掘り下げるほど、ものすごく先細っていくとでもいうか、他人ではよく分からないエリアに突入していく傾向があることも、否めないと思います。

オタクと呼ばれる人も市民権?を得て、別に珍しくはなくなりましたけど、そういう感じで、いろんなジャンルで、先細り現象が起こっていると言えるのではないかと思います。

エッチ系なんかはもしかしたら、太古の昔からあるんじゃないですか?

ところで、エッチ系の漫画や雑誌が、見つかったらやっぱり恥ずかしいという話でしたが、わたしが20代の頃、職場の男女大勢で飲みに行った帰りに、5~6人くらいの男女がわたしの寮に寄る流れになりまして、断る理由もなかったので招き入れたわけです。

だいたい、わたし自体、男の割には?わりと綺麗好きでして、結構片付けとかはしてたんですよね。

なので、どうぞどうぞ、という感じで。そこで、今なら無いであろう、ちょっとしたわたしのエッチ趣味がバレてしまう、恥ずかしい事があったわけです。